新着情報

令和3年12月 北大が「橋渡し研究支援機関」に認定

 文部科学省では、大学等の優れた基礎研究の成果を革新的な医薬品・医療機器等として実用化する橋渡し研究を支援するため、一定の要件を満たす機能を有する機関を「橋渡し研究支援機関」として文部科学大臣が認定する仕組みが設けられ、本学を含め11機関が認定されました。橋渡し研究とは、主に基礎研究の分野で生まれた新しい医学知識や革新的技術を、実際に病気の予防・診断・治療に活かすべく実用化するために行う非臨床研究、臨床研究のことをいいます。

 橋渡し研究支援機関として認定を受けたことで、橋渡し研究の研究費の配分(シーズA)及び申請(シーズA以外)することが可能となります。

 本学では、「北海道大学病院医療・ヘルスサイエンス研究開発機構プロモーションユニット」を橋渡し研究支援拠点とし、より一層、学内外の橋渡し研究の支援に取り組んで参ります。 (北海道大学病院)

【参考URL】
●橋渡し研究(トランスレーショナル・リサーチ)とは(当サイト内)
https://crmic.huhp.hokudai.ac.jp/researcher/seeds_index.php
●橋渡し研究支援機関認定制度(文部科学省webサイト)
https://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/hashiwatashi/index.htm

PAGE TOP